エネファームと太陽光発電の違い

太陽光発電という言葉はもう聞きなれた言葉ではないでしょうか?
同時にまたエネファームという発電に関した言葉もよく聞くようになりました。


エネファームというのは、燃料電池により発電を行い、その時に発生する大量の排熱を利用してお湯を作るようにした機器です。
つまり、発電と給湯が同時に行えるようにしたシステムです。

 

燃料電池により発電を行うということは太陽光発電のように天気に左右されることがないということですよね。
つまり夜でも、雨の日でも天候・気候に左右されることなく発電ができるということなんでしょう。


エネファーム(ENE・FARM) とは家庭用コージェネレーションシステム(コージェネ)の一種です。
(コージェネ)とはコージェネというのは、本来取り出した動力エネルギーや電力エネルギーに加えて、排熱を活用して熱エネルギーも取り出し、総合エネルギー効率を高めようとする発想のことです。

エネファーム

エネファームjと太陽光発電の違い


天候などに左右されずいつでも発電できるエネファームと太陽のエネルギーをそのまま活かせる太陽光発電。
お互いの長所を組み合わせた「ダブル発電」なら、オール電化住宅と比べて、売電量は約2.5倍にアップするそうです。

 
◆よく読まれている関連記事
 
太陽光発電法廷耐用年数は9年・17年どっち?

太陽光発電の照度とは?

太陽光発電の農地転用とは?

太陽光発電にしろエネファームにしろより効率よく発電でき、しかも電気料金が安くなって快適な暮らしをできるようになればよいですね

 

またエネファームにおいても補助金制度あったのでこれらを利用してエネファームを導入され方も多いことでしょう。
今後も発電にかかわるいろいろな技術が改良されてますます豊かな暮らしだできることでしょう。

カテゴリー: エネファーム パーマリンク