太陽光発電の積雪対策とは?

太陽光発電は太陽の光を利用した発電ですから夜には発電できません。
また曇りとか雨の日などは発電量は落ちます。

 

また太陽光発電システムにとって雪は大敵です。
同時に積雪対策は重要な課題です。

 

積雪に耐えられる強度と耐久性をもった太陽光パネルなど、どのメーカーの太陽光発電装置も強度・耐久性はそれなりに高くなっていますが、やはり雪の多い地域では、積雪対策としての荷重に十分耐えられる太陽光発電装置を選ぶのがよいでしょう。

積雪対策と同時に落雪対策が必要でしょう。

 

 

太陽光発電システムを設置する場合の積雪対策と言えば、太陽光パネルの強度や発電量だけに目がいきがちですが、実は落雪に対する備えも大切なことなのです。

 

 

太陽光パネル表面に積もった雪は、通常の屋根よりも滑り落ちやすいから発電に関しては心配ない、ということを聞かれると思います。

 

確かに、太陽光パネル表面は、通常滑らかなガラスで覆われているので、雪が滑り落ちやすい傾向にあります。自然と積雪対策があるように感じられます。

 

 

しかし、そのことが逆に落雪による事故や被害を引き起こしてしまう場合があるのです。

 

雪止めなどの対策がとられていない場合、雪止めが付いた一般の屋根と比べ落下速度が速くなることで、通常より大きな衝撃を与えたり、予想以上遠くに落雪したりする可能性があります。

 

 

そのため、隣家の壁やカーポートの屋根を壊したり、自動車のボンネットをへこましたり、といった事例があります。

また、落雪直下に人がいたために「むち打ち」になってしまったというような人的被害も起きています。
雪国の太陽光発電は積雪対策と同時に落雪対策も必要な課題です。

 

 

カテゴリー: 原理と仕組み パーマリンク