太陽光発電の落雪対策とは?

北陸のような豪雪地帯においては積雪対策に注目されそうですが、じつは落雪対策も重要事項です。

太陽光発電パネルの表面は強化ガラスですので、積もった雪はすべり落やすいのです。

 

太陽光パネルの上に積もった雪は、気温が上がると溶けはじめ、少しずつすべり落ちます。
しかし、場合によっては大きな雪の固まりとなって、勢いよく一気に落ちる時もあり、
軒下は非常に危険場所となります。

 

 

そういう事態を避ける対策が落雪対策です。
太陽光パネル表面は、通常滑らかなガラスで覆われているので、雪が滑り落ちやすい傾向にあります。

しかし、そのことが逆に落雪による事故や被害を引き起こしてしまう場合があるのです。

 

 

太陽光発電 落雪対策

雪止めなどの対策(落雪対策)がとられていない場合、雪止めが付いた一般の屋根と比べ落下速度が速くなることで、通常より大きな衝撃を与えたり、予想以上遠くに落雪したりする可能性があります。

 

 

そのため、隣家の壁やカーポートの屋根を壊したり、自動車のボンネットをへこましたり、といった事例があります。
また、落雪直下に人がいたために「むち打ち」になってしまったというような人的被害も起きています。

 

 

太陽光発電パネルの考え方は、積もった雪をすぐに落として、発電をさせるというのが基本です。

雪が積もっても、太陽光発電は大丈夫?

 

 

太陽光パネルは屋根上に沢山付けて経済的メリットを優先し、パネルに積もった雪は止めずに地面に落とすのが基本ですが、十分な落雪対策がとられ安心で安全な太陽光発電で雪の日も快適な暮らしができるようにしたいですね。

 

 

カテゴリー: 原理と仕組み パーマリンク