太陽光発電の余剰電力買取制度について

太陽光発電の余剰電力買取制度に伴って、最近新しく住宅を建てられている家庭では太陽光発電システムを導入されている家庭が多いようですが、新築時にはちょっとぐらい高くても?・・と思って導入される場合もあるようですね。


ちょっと見栄を張って。。。という場合もあるようです。
セールスマンはこのあたりを心得ているとか。。??(笑)

 
パナソニック太陽光発電の特徴と口コミ評判
太陽光発電の運転費用年報とは?
太陽光発電法廷耐用年数は9年・17年どっち?
太陽光発電システムのメーカー発電量比較
太陽光発電パワーコンディショナーの メンテナンス費用?

それはともかくとして最近、太陽光発電システムを自宅で取り入れているという家庭が増えてきたのは事実です。。


太陽光発電システムの設置に関して国から補助金が出ること、また震災後の自然エネルギーの考え方とかエコ意識の高まりなども大きく関係しているのでしょう。

 

何より大きな関心事は太陽光発電システムで発電して余った電気は買い取ってもらえるということではないでしょうか?

太陽光発電 単独運転

太陽光発電 余剰電力 買取制度

 

この余剰電力買取制度が最大の魅力ですね。
これによって太陽光発電の導入を推進し、将来的な地球温暖化対策や日本のエネルギー自給率を向上させようという狙いがあるようですが、10年間同じ金額で買い取ってもらえるというのは魅力ですね・

 

住宅用(10kw未満)の場合、1キロワットあたり42円で買取され、この金額が10年間固定されるということになります。
長期の計画をたてたのに買取価格が急落するという心配は必要なくなります。

 

でもその先はわかりませんが取りあえずは10年間は買取価額は固定です。同じです。
でも、太陽光発電システムの初期導入費は10年でペイできそうもありませんが、10年間買取価額が固定ならばなんとかなるのかな~~

 

カテゴリー: 原理と仕組み パーマリンク