太陽光発電の陸屋根設置について

太陽光発電において陸屋根とは平らな屋根、もしくは平屋根のことを言います。

陸屋根には太陽光発電が設置できない、と思われていることも多いのですが、決してそんなことはありません。

 

一般的な一戸建ての日本家屋は屋根に角度がついているので問題なく設置できるのですが、
マンションの屋上やなどではこの陸屋根の場合、ソーラーパネルに角度をつけるための架台が必要になります。

 

陸屋根の場合、架台の上に太陽光パネルを置いて屋根に設置しますがこの場合、風などで飛ばされる可能性があるため、屋根に穴を開けてアンカーを打たなければいけません。
屋根に穴を開けるので防水を完全にしないと雨漏りの原因にもなりますので、新たに防水工事を行わなければいけないのです。

 

陸屋根に太陽光発電を設置するをためらわれるのはこの防水工事をしなければならないというデメリットな部分なのではないでしょうか?
元々太陽光発電システムの設置には高額の初期投資が必要なのですが、陸屋根に設置するとなると、さらなる出費となってしまいます。

 

陸屋根には逆にメリットもあります。

設置する面が平らなのでソーラーパネルの向きも角度も自由に設定できる点です。
当然太陽の出る南向きに設置した方が効率良く太陽光を受けることができるため高効率になります。
陸屋根での太陽光発電をお考えの方は防水対策を含めてメリット、デメリット面など業者に相談するとよいでしょう。

 

カテゴリー: 太陽光発電の疑問? パーマリンク