法定耐用年数が17年と言われる太陽光発電システム

法定耐用年数が17年と言われています太陽光発電システムの導入が進んでいるようですが。。。。

国のエネルギー政策の一環なんでしょう、クリーンエネルギーである太陽光発電システムの設置には国から補助金が出ます。

 

補助金が出たとしてもまだまだ高額な費用が必要ですが、でもでも補助金制度は導入を考えている家庭にはありがたい制度です。

 

しかしながら・・当然といえば当然ですが、補助金をもらうにはちゃんと太陽光発電システムを長期間使用する必要があり、法定耐用年数の17年の間は処分したり売却したりすることはできません。

法定耐用年数を持たずして処分する場合は申請が必要ですし補助金の返還もあり得ます。

太陽光発電の使い道

太陽光発電 対応年数

 

太陽光発電は自宅で使う電気として使用するのとは別に余った分を電力会社に売ることができます。
天気にも左右されますが、だいたいの一般家庭では電気は余るので大なり小なり、それを収入としてあてにしている家庭もあるそうです。


しかし太陽光発電システムの導入にはかなりの設備投資が必要で、その元をとるためにはかなりの長期間かかります。

設置条件、机上の計算によってもペイできる期間は違いますが早くて10年から15年、長くなれば約20年程度は使い続けないといけない計算になります。

 

ソーラーパネルの法定耐用年数は17年と言われています。実際は20年30年と使えるようですが、太陽光発電システムは長期的な計画をたてて設置する必要があります。


関西でも数十年ぶりという大雪で太陽光発電発電システム設置の屋根が雪を被っている光景を見ましたが、あれでは発電はしないのですね。太陽光発電システムを設置してない屋根に比べて幾分早く雪解けするのでしょうが、でもでも雪を被っている太陽光発電システムっでちょっと寂しいですね。

 

 

カテゴリー: 太陽光発電の疑問? パーマリンク