豪雪地帯の太陽光発電に付いて考える?

豪雪地帯の太陽光発電システムの設置に関してのメリットはいかがなものでしょうか?

冬のほとんど雪に閉ざされているような豪雪地帯での太陽光発電システムの導入は?

 

豪雪地帯であっても太陽光発電システムの導入自体は問題ないのでしょうが、さすが太陽光パネルが雪に覆われてしまっては発電はしませんよね。


太陽電池モジュールの表面は強化ガラスになっていますので、雪の滑走性能は比較的高くなっています。
雪とモジュールの設置面が凍ってしまうと落雪しませんが、設置面が比較的乾いている状態、もしくは暖気になると雪は傾斜に応じて滑り落ちますので太陽光パネルは発電しはじめます。

 

雪の降る季節は、発電量が少なくなる事が予想されますので、できるだけ初期費用を抑えられるように、じっくり比較しておくのが良いですね。

 

詳しいデータは業者が持っていると思いますので、契約前にきちんと確認しておきましょう。

 

屋根に太陽電池モジュールを敷き詰める場合は降雪程度にもよりますが、太陽電池モジュールは滑走性能は比較的高くなっている分、屋根に積もる雪下ろしをする手間が省けるかもしれませんね。(豪雪地帯(雪国)で生活したことないのでわかりませんが。。。。)

 

でも陸地に太陽電池パネルを敷き詰めたような場合は、パネル以上の雪が積もればいくら滑走性能が高いといっても効果はないですよね。

 

豪雪地域の場合は天候によって発電量は大きく左右されてしまいますので、通常の太陽光発電から得られる発電量は無理だと思います。

 

当然ながら年間を通じれば余剰電力の売電量も少なく売電益も少なくなりますので投資した初期費用をペイする期間も長くなります。
豪雪地帯で太陽光発電を導入する場合はこれらを含めて慎重に検討する必要がありますね。

カテゴリー: 太陽光発電の疑問? パーマリンク