太陽電池サンテックの倒産に衝撃

経営不振に陥っている太陽電池世界最大手のサンテックパワー(中国)の生産子会社「無錫サンテックパワー」が、中国の裁判所に会社更生法の適用を申請し、倒産した。
サンテックは日本市場でもシェアが10%超あるとみられるが、「日本での事業には影響しない」としている。
背景には、世界的な太陽電池の生産過剰がある。

サンテック 太陽光発電

いま何かと話題の多い太陽光発電・太陽電池においてチョット衝撃的なニュースではなかったかとおもいます。
無錫サンテックは支援を受けながら従来通り稼働していくし、サンテックパワージャパンはそもそも影響なく販売済みの製品保証も継続するということらしいが当事者にはチョット心配ですね。

1年程前から在庫過多うわさ等でちょっとヤバいのでは?と思いつつ、代理店の強い勧めなどから契約、また現在取り付け工事進行中という方もおられるでしょう。
また今後のメンテナンス・保証など不確かな面も含んでいるのでは?

太陽光発電 サンテック

国内においても太陽電池、太陽光パネル等に関連した会社は実に多くの会社(大手から小規模な有限会社など・・)が事業展開していますが、今後の契約においてはなお一層慎重にならざるを得ませんね。

太陽光発電の業者の選び方

太陽光発電の高い故障率の対応策は?

太陽光発電の故障率とメンテナンス

急激な事業展開で成長してきた会社はどこかにむりがるのではないでしょうか?

まさかサンテックパワーが倒産に追い込まれるとは・・・ね!

会社規模だけでは測れないですね。(会社が大きいというだけでは何の保証にもなりませんね。)

カテゴリー: コラム, メーカー比較 パーマリンク