別荘に太陽光発電をつける?つけない?

太陽光発電は別荘などの限られた時期または年間に数日しか使用しないような設備にとって太陽光発電のメリットはあるのでしょうか?

 

別荘を持つような身分の方は、太陽光発電システムの設備費ペイできることなど考えないのかもしれませんが・・・ちょっと気になります。(笑)

 

単純に考えますと、多額の設備を払って導入しても数日しか使わないのならば商用電源の基本料のみ支払うほうが断然安い、と考えるかもしれません。

 

太陽光発電 単独運転

別荘に太陽光発電

しかし逆に一般家庭では四六時中使う電気を使わないのだから売電による利益が自宅での利益よりも多いのではないかと思います。

 

だとすればペイできる期間も縮まるのではないかと思いますが・・・
もしかすれば太陽光発電の余剰電力売電益で別荘の維持費が捻出できるかもしれない・・?

 

最近はサラリーマンの方でもちょっと頑張って別荘を持っている人っているんですよね。
別荘もピンからキリまでありますが太陽光発電を有効に利用して維持費を捻出できれば言うことないですよね・・・・

 

このことは系統連携できる場所にあるかどうかなどの条件によっても違ってきますが、
別荘地が日照のいい場所にある場合などは検討して損はないでしょう。

 

別荘などで自動的に売電させる考え方には賛否両論があり、まだまだ経験者も少ないため、コストとの相談が必須であるということも言えるでしょう。

 

静かな海辺の別荘で好きな釣りでもしながら過ごす日々を夢見て頑張りますか・
でも海辺の別荘には太陽光発電は似合いますかね~~(笑)

カテゴリー: コラム パーマリンク