太陽光発電の雑草対策は?-(2)

陸置きの太陽光発電装置の場合は雑草対策も考えておかなくてはなりませんね

大金はたいて太陽光発電装置を設置したが、雑草に覆われて発電量が当初の計画どうりには達しなくて、売電量しいては償却が思うようにいかなかったというようなことがないように・・・

太陽光発電パネルに雑草

太陽光発電の雑草対策は?

 

発電量、償却期間などを考えるときに雑草対策、並びにその経費(人件費等も含めて)なども考慮する必要がありそうですね。

 
◆よく読まれている関連記事
 
太陽光発電法廷耐用年数は9年・17年どっち?

太陽光発電の照度とは?

太陽光発電の農地転用とは?

休耕地を整備して太陽光発電の装置がずらりと並んでいる光景に出会うことがありますが、ふと雑草対策は?と思う時があります


今までは休耕地で雑草がぼうぼうと生えていた場所を当然ながら雑草対策として雑草シートまたは除草剤などで雑草対策は講じてあるのでしょうが、雑草は簡単には絶やせません


プランタンの花でさえどこからか飛んできた雑草の種で花より成長していることがあるのですから休耕地の雑草対策は大変でしょうね。

 

ツタに覆われた民家

雑草対策


屋根の上に取り付けた太陽光発電装置では雑草対策まではあまり考える必要がないでしょうが、。。。。。まれにツタで覆われて家屋を見ますが、もし屋根に太陽光発電装置を設置する場合は大変でしょうね。

カテゴリー: コラム パーマリンク