グリッド製太陽光発電の特徴と口コミ評判

太陽光発電の設置を予定されている方にとっての口コミ情報は大いに役立つ情報ではないでしょうか?

 

メーカーサイドの情報には利点ばかりが目立ちやすい傾向にありますが、口コミには設置されたユーザーの生の声が生かされていますので、良きも悪くも、本当の情報が伝わってくるように感じています。

太陽光発電に限らずいろいろな情報を得るときには口コミは重要な生の情報源になるでしょう。

太陽光発電 口コミ
株式会社グリッド制太陽光発電の特徴と口コミ評判

 

株式会社グリッドは、東京に本社を置く、太陽光発電システム製造の日本のメーカーです。
モジュールのタイプは、最もありふれた、多結晶シリコンです。
グリッド社製のソーラーパネルの特長は、なんと言ってもその強度にあります。

 

日本の住環境や気象条件を第一に考慮して国際認証基準で耐風圧荷重が一般メーカーで2400Paのところ、 5400Paと高い強度設計にしております。
マンションなどの高所や積雪・強風エリアにも適した強いパネルであることが最大の特徴と言えます。

 

 

①耐風圧荷重5400Pa
同社の太陽電池モジュールは、国際認証基準(2400Pa)の2倍以上の強度を持っております。
この高強度の太陽電池モジュールを用いることで、今まで設置不可とされてきた過酷なエリア(積雪・強風・高所)へも太陽光発電システムが設置可能となりました。
設置環境がさほど厳しくない一般エリアにおいても、台風等の災害時に十分その威力を発揮します。

太陽光発電 口コミ
同社ではこの高強度をオーバースペックと捉えず、万が一の非常事態も想定して、全ての太陽電池モジュールに標準仕様としております。

 

 

②最大垂直積雪量2.50m
従来、冬場に雪が沢山積もるエリアには、太陽光発電システムの設置が難しいとされてきました。
それは、雪の重さで太陽電池モジュールが耐えられずモジュール表面のガラス等が脱落し、電気回路的にも故障の原因となってしまうからです。
同社は、国内最大級の最大垂直積雪量2.5mの積雪荷重に耐えうる太陽電池モジュールと架台を開発しました。
これによりこれまで太陽光発電システムを設置出来なかった多雪地域の住宅にも太陽光発電の設置が出来る様になりました。



③設計用基準風速46m/s

耐風圧荷重試験には太陽電池モジュールの表側から風をあてる正圧試験と、裏側から風をあてる負圧試験とがあります。
強風で怖いのは、表側からの正圧ではなく裏側からの負圧とされています。
通常、設置された太陽電池モジュールの裏側には風が入りこみ、下から巻き上げられる圧がかかります。

 

 

特に高所で太陽電池モジュールを設置する際は、強風を視野に入れ、計画段階から十分に注意する必要があります。
これまで一般的な耐風圧荷重2400Paの太陽電池モジュールでは、強風エリアへの設置が制限されていましたが、同社の太陽電池モジュールは正圧・負圧ともに耐風圧荷重5400Paを誇り、同社標準架台と強化施工を採用することで国内全エリア(設計用基準風速46m/s)に設置可能となりました。

 

カテゴリー: 口コミ情報・特徴 パーマリンク