太陽光発電の新技術ー塗るだけで太陽光発電

太陽光発電に夢のような技術が開発されようとしています。

塗るだけで太陽光発電が出来るという夢のような新技術が東京大学 中村栄一教授と三菱化学による産学連携で進められ、実用化一歩手前まで来ているらしい・・・・


屋根瓦に塗るだけで太陽光発電が。外壁に塗装すれば家丸ごと太陽光発電が、車のボディーに塗るだけで発電した電力で電気自動車が走れる時代が来るかもしれませんね。

 


この塗るだけで太陽光発電技術は印刷技術にも応用できるとかで、あらゆるモノに展開出来るそうです。
これこそ夢の技術、まるで魔法の技術とでもいうべきものですね。


今や自然エネルギーの注目度は格段に上がったと言って過言ではないでしょう。
太陽光発電以外にも風力、水力、地熱などいろいろな方法での発電システムが期待されています。

その中でもやはり太陽光発電システムが一歩抜き出ているのではないでしょうか?
また塗るだけで太陽光発電ができる技術が実現すれがエネルギー問題は一気に進展するかもしれない。

 

機薄膜太陽電池と呼ばれるこの技術は、量産が進めば現在、安価なシリコン製の太陽電池と比較しても生産コスト抑制の点でそれを十分に上回るものが提供できる。


有機薄膜太陽電池は、電子を与える電子供与材料と受け取る電子受容材料という2 種類の有機半導体の組み合わせで作られる。


この二つの有機半導体は、塗布技術が進めば紙に印刷するように製造することが可能となる。また、柔らかい物にも塗布出来るため、曲げたり、色をつけたりすることも出来てしまう。


布地に印刷すれば冬物の衣料にプリントして寒さ知らずの超防寒用の服が出来るかもしれませんね。ほっかほっかカイもロ必要なくなりりますね。(笑)

 

 

カテゴリー: 口コミ情報・特徴 パーマリンク