太陽光発電システムのメーカー別発電量比較

太陽光発電には多くの企業が参入しています。

各社の太陽光発電システムのメーカー別発電量比較など特徴を知ることはメーカー選びに重要です。

 

エコ、原発、地震などの影響もあって近年太陽光発電システムが一般家庭にも普及し始めました。

 

また国、自治体の補助金制度も手伝って太陽光発電システム導入に拍車がかかっているようです。
建築中の新築住宅では太陽光発電システムの設置があたかも標準のような状況ですね。

 

しかし太陽光発電システムと言っても様々なメーカーからいろいろとソーラーパネルが発売されています。

 

太陽光発電システムは10年20年と長期にわたって使う物ですからどれを選ぶかは慎重に比較したいところですね。

 

ズバリどこのメーカーがいいのかということは一概には言えません。
また家屋の状況、設置場所などによっても違いますので各社の特徴などを考慮しながらメーカーを選ぶようにしましょう。

太陽光発電 メーカー比較

太陽光発電 メーカー比較

 

代表的なメーカーは京セラ、シャープ、三菱、三洋の四社です。

・京セラは小型のソーラーパネルが持ち味で様々な屋根の形状にフィットする設置ができます。


・シャープは1Wあたりの単価が最も安く他と比較すると導入する際のコストが安くなります。


・三菱はパワーコンディショナーの変換効率の高さが特徴で、少ない枚数でも大きな発電量になるので、省スペース化できます。


・三洋電機はソーラーパネルの価格は高いものの変換効率が他と比較してかなり高いので、
他と同じ面積ならばより多くの発電量を誇ります。


・太陽光発電に関しては他にも多数のメーカーが参入しています。
 他社も検討されると良いでしょう。

 

各社それぞれにな特徴があるので、設置コストや発電量、設置面積などを比較してご自宅に最も合ったメーカー選ぶようにしましょう。

 

カテゴリー: メーカー比較 パーマリンク