太陽光発電の余剰電力の売却収入について国税庁の見解は?

太陽光発電の所得について国税庁ではどのように定義されているのか?調べてみました。
余剰電力の売却収入に係る所得区分及び太陽光発電設備に係る減価償却費の計算方法についてどのように取り扱われますか?
という照会要旨に対して下記に国税庁の見解があります。
*減価償却につていは次ページに譲ります。

太陽光発電

太陽光発電

国税庁の回答はここから。。。。

余剰電力の買取りは、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき、太陽光発電による電気が太陽光発電設備が設置された施設等において消費された電気を上回る量の発電をした際、その上回る部分が当該施設等に接続されている配電線に逆流し、これを一般電気事業者である電力会社が一定期間買い取ることとされているものです。

 

余剰電力の売却収入については、それを事業として行っている場合や、他に事業所得がありその付随業務として行っているような場合には事業所得に該当すると考えられますが、

給与所得者が太陽光発電設備を家事用資産として使用し、その余剰電力を売却しているような場合には、雑所得に該当します。

 

(注) 一般家庭で行われる太陽光発電であっても、平成24年7月以降、一定規模以上の太陽光発電設備により発電が行われる場合には、その送電された電気の全量について電力会社に売却することが可能とされています(全量売電)

給与所得者がこの全量売電を行っている場合の売電収入も、上記と同様に、それが事業として行われている場合を除き、雑所得に該当すると考えられます。

国税庁の回答はここまで。。
回答要旨を原文のまま引用します。
以上が国税庁の太陽光発電の余剰電力売電収入にたいする回答要旨です。

 

カテゴリー: 太陽光発電の疑問? | コメントする

太陽光発電で収益を上げるコツは節電上手

今さら太陽光発電でもあるまい? とか、太陽光発電を設置したが思ったほど収益が上がらず期待はずれ、収益を上げるコツは?という言葉を聞くときがあります。

太陽光発電を設置して、より多くの収益を上げようとするならば、「助成制度」を最大限活用するべきです。


この「助成制度」がなければ、太陽光発電のメリットと魅力は半減してしまいます。
助成制度」には設置するときの「補助金制度」と「余剰電力買い取り制度」がありますが、この「余剰電力買い取り制度」に尽きると思います。
売電量を増やし収益を上げるコツは節電上手になることです。

買い取り価格

太陽光発電を設置した後も、漫然と、前と同じような電気の使い方をしていては駄目です。
「余剰電力買い取り制度」というのは、太陽光で発電した電力を、電力会社が買い取ってくれる制度です。


具体的には、平均的な電気料金の価格が24円/kwhであるのに対して、住宅用太陽光(10kW未満) 買い取り価格は今後10年間37円/kwhとなっています。


このように、太陽光で発電した電力は高く買い取ってもらえますが、これにはある条件が課せられています。


その条件というのは、発電して余った電力、つまり「余剰電力」というものです。
太陽光で発電した全ての電力が買い取り対象ではなく、使った残り(余り)の電力が買い取り対象になります。


つまり、太陽光発電を設置した住宅において、発電している時に、住宅内で電力を使用(自家消費)すると、発電された電力から使用されるようになっています。

そして、使用した後、残り(余り)があれば余剰電力として買い取ってもっらえます、これが、いわゆる「売電」というものです。つまり節電上手が収益を増やすコツですね

従って、昼間、太陽光発電が働いて発電している時、家庭内で電力を使うと、その分買い取ってもっらえる電力が少なくなります。つまり節電を心がけることによって、大きな差が生じます。

が・・・

売電量を増やすためだけに節電節電といって今までの生活スタイルを変えてまでの生活には疑問ものこります。

売電のために節電と言ってクーラーのスイッチを切って熱中症に。。。などということのないようにしたいものです。

カテゴリー: 太陽光発電の疑問? | コメントする

太陽光発電は月明かりでも発電可能なのか?

太陽光発電はわずかな光でも発電します。

曇りの日でも発電します。
わずかな光(?)つまり月明かりでも理論的には発電するそうです。

使用に耐えるだけの発電量は得られないようですが、発電はするそうです。
まあ~容量が違いますが、電卓、腕時計などは光で発電して作動していますよね。


太陽光発電も月明かりでも発電しますが、使用に耐えるだけの発電量が得られないということは月明かりでは発電しないことと同じですよね。

太陽光発電についていろいろと調べてみると下記ようようなことが書かれていました。

太陽電池で現在市販されているものは、変換効率が、単結晶シリコンで18%程度、多結晶シリコンで14%程度、アモルファスシリコンで8%程度、CIGSで12%程度です。


変換効率というのは、1平方メートルの平地に1000W分のエネルギーを持つ太陽光が降り注いだとした場合の、電気への変換割合のことです。


つまり、単結晶シリコンならば、面積を1平方メートルにすれば、1000×0.18=180W、の電気を得ることができるというわけです。


この変換効率は、概ね、初夏の晴天日を基準にしていると思ってください。真夏の明るさは100000ルクス以上、ガラス窓を通すと半分程度に減少し、会議室等の蛍光灯下は300~800ルクス、満月の月明かりが0.01~0.1ルクスです。


太陽電池の出力は、概ね、明るさに比例しますので、屋内で出力できる電気は、屋外の晴天下で出力できる電気の100分の1程度になります。


月明かりに至っては、1000000分の1です。
これと、前述した変換効率を考えると、屋外の晴天下ですら180Wしか出力できないのですから、屋内の人工灯下ではほぼ発電できないでしょう。
月明かりでは「0」と言っても差し支えありません。


なんだか難しそうな数字が並びますが、太陽光発電装置では月明かりでは発電量が「0」に等しいということですね。


でもでもいま岡山大大学院自然科学研究科の池田直教授らが、「夜でも発電できる光発電装置!?」開発中とか・・・??
近い将来、夜でも、また月明かりでも発電できる装置が開発できるかもしれないですね。

カテゴリー: 太陽光発電の疑問? | コメントは受け付けていません。