太陽光発電の故障率は?(実は意外に多い故障件数)

太陽光発電の故障・故障率などを調べていてであった記事

太陽光発電システムは、「メンテフリー」であるとか「故障がない」という認識一般的でしたが、
セールスマンから聞いた情報もきわめて故障率の低いシステムです。と聞いていましたが・・

鵜呑みにできない下記の記事。

太陽光発電 口コミ情報 売電

============
以下引用

産総研は、NPO法人(特定非営利活動法人)太陽光発電所ネットワークの協力を得て、国内で設置された住宅用太陽光発電システム257件の発電性能や保守履歴を調査した。

その結果、設置から10年以内に太陽電池パネルを一部でも交換した事例は、34件(13%)に上ることが分かった。

国内大手メーカーは「10年保証」を掲げ、期間内に出力が10%低下した場合に無償で交換に応じている。

この基準に多くのパネルが抵触した格好だ。
太陽電池が発電する直流電流を、家庭用の交流に変える「パワーコンディショナー」はさらに不具合発生率が高い。部品交換を含めると、10年以内に43台(17%)が交換されているという。

引用ここまで
============

 

太陽光発電システムは、「メンテフリー」で故障率が低いといわれていたのは何だったんでしょうか?
通常の電化商品でもこれほどの故障率はないのではないでしょうか?
20年、30年といった長い期間、太陽光発電システムを利用することは難しいのかもしれません。こんなに高い故障率では本当に太陽光発電導入のために投資した初期費用の回収ができるのでしょうか?

 

メーカー保証が切れたころにドカ~ンと大きな故障で部品交換ってな、ことにならないでしょうかね~~こんな高い故障率では何とも不安ですね・・・

保証期間もすぎて自己資金で修理・交換が必要になれば、費用もそこそこ掛かるのでは・・?
中古住宅などでは家屋そのものまで修理が必要ってなことになると売電で節約できた電気料金ではとてもおっつかにのでは。?というような問題が起きなければよいのですがね~~・・?

 

カテゴリー: 太陽光Q&A パーマリンク