太陽光発電の設置前に年間発電量を知ろう。

 

太陽光発電導入を考える場合、とうぜん年間発電量という数値をかんがることでしょう。
年間を通じてどれくらいの電気を作れて、どれくらいの売電ができるのか?
などは事前に予測できることでしょう。


この年間発電量は地域、日照時間などによって変わってきますので事前に知っておくことが大事です。


日照時間などはデーターとして存在しますからそのデーターを参考にされるでしょう。
またこれらのデーターは設置するメーカーなどが事前に調べているはずです。

太陽光発電5

日照時間で気になるのは、自然の状況(山など)はよほどのことがない限り変わることはないでしょうが、人的な環境はいつ変わるかわかりません。


例えば隣に大きなビルが建ちほとんど日照時間がなくなってという場合も起きうるかもしれません。

 

簡単な年間発電量の計算方法としては年間の電気代を計算します。
それから消費電力を割り出すということが上げられるでしょう。


そこから設備の規模や余分に余る分などを考慮しながら計算することが解決への早道でしょう。
太陽光発電システムのメーカには色々な専門の計算方法があります。


設置角度や広さ、屋根の状態、ビルの建築等の近隣の日照条件の変化などを計算に加えれば、ほぼ現実に近い年間発電量を割り出すことが可能だと言われています。

 

地域状況によっては思うような年間発電量得られない場合もあるかもしれません。
そのような時の処置も考えておくことも大事かと思います。

カテゴリー: 太陽光Q&A パーマリンク