太陽光発電の雪止めはなぜ必要か?

太陽光発電システムにおいて雪止めがなかったがために起きる事故の苦情も多いようです。

太陽光パネルは表面がガラスで出来ているため滑りやすく、雨や雪が、雨樋を飛び越え、お隣さんとか通行人に怪我をさせる場合などがあります。

 

雪止めがなく一度に沢山の雪が落ちて、誰かがケガをしたとなれば、その責任は太陽光パネルの所有者になります。
簡単なところでは雪が落ちて隣の車のフロントガラスにヒビが入ったとか。。。などはよく聞く話です。

雪止め

太陽光発電に必要な雪止め装置

 

雪の多い地域では雪止めは不可欠な装置かもしれませんね。
ほとんど雪の降らに地域に珍しく大雪が降りそれがために事故、怪我などが考えられる場合もあるようです。


この地域ではまさか雪止めはいらんでしょう。。。と言っていた地域に大雪が。。。ということもありますので、雪止めについても考慮が必要です。

 

隣の家には、妨害排除請求という権利がありますので、自己負担で対策するしかないようです。

最終的に、自分一人で判断・決定するのが不安な場合は、地元に根付いている建築士さんに相談してみると良いと思います。
別途費用がかかりますが、安心できると思います。

 

また雪止めに関しては各メーカーによって方法も違うようですので、しっかり説明を聞くとよいでしょうね。

 

瓦の屋根で無い場合、ソーラーパネルと同時に金具を設置することになり、
その分のコスト計算も必要になってくるでしょう。

 

しかしこの経費はほぼ材料費のみ、という計算が可能な場合が多いようです。
また、雪が降らない地方の場合でもあるシーズンには突然多く積雪する。と言うケースも
増えています。

 

太陽光発電システムにおいては雪止め取り付けは日本では必須の道具である、と考えて間違いないでしょう。

 

過去の生活センターなどへの苦情についてもこの落雪についての苦情がかなり多いとのことです。
太陽光発電システム設置おいて雪止めは、大事なポイントでしょう。

カテゴリー: 太陽光Q&A パーマリンク