太陽光発電施設の防草シートの対応年数は?

太陽光発電施設の防草シートの対応年数は何年くらいなんでしょうか?

太陽光発電施設において、陸置きの場合は雑草も生えてれ来ることでしょう。
今まではぼうぼうと雑草が生えていた場所を除草して太陽光発電の施設をしているのを見ることがありますが、ふと考えてみると、施設後に雑草などは生えてこないのだろうかと。。?

雑草対策としての防草シートを敷きつけているのを見たことがありますが、結構費用も掛かるそうですね

 

除草剤をまいたりはしているのでしょうが、広大な施設では大変だろう・・と思います。
また防草シートの対応年数がどれくらいなのか?
防草シートの張り替えなどは大変だろうしね~~

太陽光発電 防草シート

太陽光発電 防草シート

太陽光発電の施設において雑草に絡む悪性用を考えてみると・・

・丈の高い雑草によりパネルに影が出来、発電量の低下

 河川敷あたりでは丈の高い雑草がおおい茂っているのをよく見ますが、もしあれが太陽光発電の施設に内にでも入り込んでくると除草に大変だろうと思いますね。
 それも大きな太陽光発電施設では大変です。
 根元かっらの除草は大変です。

 

・ツタ類の絡みつきによる運用障害

ツタ類の絡みは気を付けないとパネル事態を痛めることにもなるでしょう。
 ツタに絡みつかれたら太陽光パネルもお手上げですね・・?
 ツタはちょっとの隙間からでも生えてきますからね~~気を付けたいところです。 
屋根置きの場合は雑草に悩むことはないでしょうが、陸置きの場合は除草剤、防草シートなどで雑草から太陽光施設を守ることも大事ですね。

 

地域とか、設置場所などによっても太陽光発電にはいろいろと悩みも多いことでしょう。
高価な費用面と設置後においてもいろいろな悩み事と抱える太陽光発電導入にはいまいち考え直さねばならないのかもしれません。

カテゴリー: 太陽光Q&A パーマリンク