太陽光発電の除草対策は?

太陽光発電の陸置きの施設において雑草対策も重要な課題です。
太陽光発電のパネルが雑草で覆われてしまっては発電量に影響してきます。
当然ながら太陽光を遮るわけですから発電量は少なくなりますよね。

 

発電量に影響すると当初の計画の売電量などにも影響して、償却期間などにも関係してきます。
屋根置きの場合は雑草対策は関係ないでしょうが、陸置きともなると雑草対策は必要なのでしょう。

 

埃などで太陽光パネルが汚れて場合でも発電量に影響するそうですので、雑草でパネル面がおおわれてしまっては大変なことになります。

雑草 太陽光発電

太陽光発電の除草対策を!

 

雑草にもいろいろな種類があります。
丈の短い雑草の場合、パネル面まで届くこともなく太陽の光を遮ることがなければ関係ないでしょうが中には丈の高い雑草もありますので注意が必要です。
またツタなどのように這い上がってくるものはなお一層の注意が必要でしょう。

 

 

太陽の光を遮るばかりでなくパネル面の損傷なども考えられますのでツタには特に注意が必要でしょうね、

 

除草剤などを散布する方法、また設置時に除草シートなどの対策も必要かもしれません
施設場所等を含めて移設時に相談、対策を講じる必要がありそうですね。

 

また除草剤散布の場合は周りの状況なども考慮して散布しないと周囲から苦情が出る場合もありますので除草剤散布時は周囲の状況も合わせて検討しましょう。
”周囲から農薬被害だ”などという問題がないように十分な対策が必要です

カテゴリー: 太陽光Q&A パーマリンク