太陽光発電で得た所得区分は?

太陽光発電の売電で得た収入の所得区分は?所得税確定申告時に記入する所得区分ではどの所得区分になるのか?

太陽光発電装置を設置して間もなく、所得区分を心配することでもないのでしょうが・・・事のついでにちょっと調べてみました。
太陽光発電は先の地震等に絡んだ原発事故にも影響され、また政策的に普及を促進、税制面での優遇をすることが期待されてるなどして注目度が高いようです。

 

また太陽光発電での余剰電力を売電できることによりますます一般家庭にも普及しつつあります。

そうなると余剰電力売電で得た収入は税金の対象になる訳ですが、

その所得区分は?

雑所得か? 事業所得か? 不動産所得か? ということになるわけですが・・・・

太陽光発電 所得区分
● 国税庁の太陽光についてのタックスアンサーには下記のように記載されています。

余剰+家庭用の家屋の上に設置=雑所得
自宅に設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却収入

 

余剰+一部事業用の家屋の上に設置=事業所得
自宅兼店舗に設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却収入

 

余剰+賃貸用不動産の上に設置=不動産所得
賃貸アパートに設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却収入
何ともわかったようでわかりにくい所得区分ですが。・・・

給与所得者+自宅設置⇒雑所得

事業者+事業所に設置⇒事業所得

 

給与所得者が自宅に太陽光発電設備を設置し、その余剰電力による売却収入を得ている場合、
その所得区分は一般に雑所得とみなされ、また、事業所得者が事業所に当該設備を設置し売却収入を得ている場合、
その所得区分は一般に事業所得とみなされるということでしょう。

 

どちらにせよ太陽光発電による余剰電力の売電でえた収入の税金で悩まれることは結構なことですが、まだまだ始まったばかりのクリーンエネルギーの太陽光発電、冷静に期待してに見守りたいですね

 

カテゴリー: 収入・確定申告 パーマリンク