太陽光発電の余剰電力買取制度は10年後はどうなる?

太陽光発電余剰電力買取制度は平成21年から始まった制度で、電気の買取金額が毎年決められており、10年間はその金額が固定されて安定して売ることができます。

 

例えば平成23年なら住宅用(10kw未満)の場合、1キロワットあたり42円で買取され、
この金額が10年間固定されるということになります。

太陽光発電 余剰電力買取制度

10年後の太陽光発電余剰電力買取制度はどうなるのかわからないですね。
また買取価額も今より上がるのか?下がるのか?現時点ではわかりません。

まず10年間は買取価格が急落するという心配はなく、またその買取価額に基づいて設備費の償却などが計算されて10年とかとか15年で償却できその後の電気代がタダになる。という計算なのでしょう。。

余剰電力買取制度また国からの補助金がなければ、償却できるかわからない設備に高額な費用は掛けれませんよね。

 

最近太陽光発電システムを自宅で取り入れているという家庭が増えてきました。
東北の原発問題も絡んで地球環境に対するエコの意識が高まっている表れでもありますし、
太陽光発電システムの設置に関して国から補助金が出るということも大きな要因でしょう。

 

国から補助金制度も絡んで太陽光発電の導入を推進し、将来的な地球温暖化対策や日本のエネルギー自給率を向上させようという狙いがあるのでしょう。

また今後も太陽光発電における新たな技術も開発されていくことでしょう。
地球環境にやさしいクリーンなエネルギーの太陽光発電、出来ればもっと安価で設置できるような設備が開発されることを期待したいですね。

 

カテゴリー: 収入・確定申告 パーマリンク