太陽光発電システムのメーカー発電量比較

太陽光発電システムは各メーカーによってその特徴があります。

また太陽光発電システムの発電量比較においても各社の特徴があり、導入に当たっては設置面積、コスト、設置後の景観など自分のお家に合ったメイカーを選ぶことが重要です。
何しろ10年、20年と長期にわたり使うものですから、また高額な費用が必要なシステムですから途中に気に入らないから再度作り直すという訳にはいきません。

 

太陽光発電 発電量比較

各社の特徴などを慎重に比較して自分のお家に合った太陽光システムを導入しましょう。
またメーカー発電量比較、などなど各社の特徴も十分検討しましょう。

 

国内でも多くの太陽光発電システムのメーカーがありますので比較に迷うところですが代表的なメーカーはシャープ、京セラ、三洋、三菱の四社ではないでしょうか?

 

まずシャープは1Wあたりの単価が最も安く他と比較すると導入する際のコストが安くなります。

 

京セラは小型のソーラーパネルが持ち味で様々な屋根の形状にフィットする設置ができます。

 

三菱はパワーコンディショナーの変換効率の高さが特徴で、少ない枚数でも大きな発電量になるので、省スペース化できます。

三洋電機はソーラーパネルの価格は高いものの変換効率が他と比較してかなり高いので、
他と同じ面積ならばより多くの発電量を誇ります。

 

 

このように各社いろいろな特徴があるので、
設置コストや発電量比較、設置面積などを比較検討してご自宅に最も合ったメーカーを選ぶようにしましょう。

 

カテゴリー: 収入・確定申告 パーマリンク