太陽光発電システムの導入時に考えるペイする?・ペイしない?

一般住宅の太陽光発電システムの導入に関して悩むのはメーカー等の説明のように本当に初期の設備投資が計画通りにペイできるのか?という点ではないでしょうか?

 

国からの補助金が出るとは言え一般家庭で設置するには200万円から~300万円と非常に高額です。

 

余剰電力を売ることで太陽光発電システムの初期設置費用を少しづつ取り戻していくということなんですが。。。またその期間は10~15年ほどかかると言われています。

太陽光発電の使い道

太陽光発電の費用はペイできるか?

 

太陽光発電システムの初期費用をペイする机上の計算どうりことは運ぶのか?
何しろ長期にわたることですから、何が起こるか予測できません。

 

具体的に何年でペイできるかというのは
ある程度計算は可能です。

 

1kw当たりの買取金額は余剰電力買取制度で定められている金額が
10年間は固定されますので、その間は上下することはありません。

 

天候によって発電量はおおきく左右されますし、
10年後以降の買取金額がいくらになるかは全くわかりません。

 

もしかして2倍に・・それとも半額に・・・・こういうこともあるということでしょうか?

 

また設備に関しても初期投資以外に
メンテナンス等の費用がかかる可能性も十分あり得ます。

 

太陽光発電システムの耐用年数は20年以上と言われていますが、あくまで机上の計算でしかないのでは・・?実際に使ってみないと何が起こるかはわかりませんからね。
またどんな自然災害が起きるかも予測できません。
やはり太陽光発電システムの導入に関してはいろいろと悩みますね~~

 

カテゴリー: 収入・確定申告 パーマリンク