太陽光発電は机上の収支計算になるか?

 

国や自治体から補助金があるにせよ太陽光発電システムの導入には多額の費用が必要です設置条件等によっても変わりますが、200万円とも300万円ともいう高額な費用が必要です。費用等、売電による収支計算も必要でしょう。

 

太陽光発電の最大の魅力は、昼間使わない余った電気を売ることができるということです。
導入には多額の資金が必要ですが、設置すればあとはほったらかしでも売電による収入があり幾分の収支計算が成り立つようですが。。。

 

実録では、少しでも多くの電力を売るために涙ぐましい努力をしている家庭もあるとか・・・節電、節電で生活リズムさえ崩すことにもなりかねません。

太陽光発電 収支決算

太陽光発電の収支決算は?

 

長年使っていればいつかは投資も回収でき収支計算上はプラスになる。とは言うもののやはり実際の収支がどのようになるかは気になるところですよね。

 

太陽光発電システムは天候に左右されますし、ご家庭の電気使用量の増減も考えなくてはならないので、正確な収支を計算するのは難しいですが、
余剰電力買取制度によって余った電気の買取金額は10年間固定されるので、ある程度の収支の予想はできます。

 

太陽光発電システムを使うと言っても発電できるのは昼の間だけですので、
夜間は従来どおり電力会社からの電気を購入する必要があります。

 

つまり余剰電力を売ることによる収入から夜間に利用した電気使用料金を引いたものが太陽光発電による収支ということになります。

 

天候に左右されますが、年間の日照量は例年の統計から予測でき月間、年間の収支が算出できれば設置コストから引いていけばどのくらいで元が取れるかが大体わかるかと思います。

カテゴリー: 収入・確定申告 パーマリンク