太陽光発電の出力と変換効率について・・

 

出力(公称最大出力)とは、一枚のパネルでどれだけ発電できるかという目安値です。当然、面積の大きいパネルの方が出力値は大きくなります。

 

変換効率とは、太陽光発電システムにおいて、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換したときの変換割合のことを指します。
変換効率が高いものほど、より効果的に電気を作ることができます。

 

太陽光発電 変換効率

そして実際にどのパネルが効率よく発電できるかというのは「変換効率」で表されます。この値は「同面積あたりでどれだけの発電量が得られるか」という基準になるため、効率が高いほうが多くの発電量が見込めることになります。

 

(これは「理論上」の考え方であって、実際にパネルを屋根に配置する場合、パネルの大きさや形によって「どれだけ多くの枚数が効率よく並べられるか」ということも関係してきます)。
太陽光発電のソーラーパネル変換効率とは?
太陽光発電の余剰電力と売電の関係は?
太陽光発電の発電量を計算すると?

 

 

1枚のセルに対するものを「セル効率」、太陽電池モジュール単位に対するものを「モジュール効率」とも呼び。一般的にセル効率は、太陽電池の種類によって異なるが、おおよそ10-20%程度である。
太陽電池の変換効率は様々な条件により変動する。例えばモジュールの温度が上がりすぎた場合は発電効率が低下する。
そのため、真夏よりも春先や秋口の方が発電量は大きくなる

 

効率的に配置するには、屋根の形に合った大きさのパネルを限られた面積の中でより効率的にパネルを配置するかによって容量が変化しますからパネルサイズも関係してきますので検討しましょう。

 

 

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク