太陽光発電のソーラーパネル変換効率とは?

太陽光発電システムを構成している機器は、太陽光発電においてメインはソーラーパネルです。

ソーラーパネルとは?

ソーラーパネル(solar panel)は、太陽電池をいくつも並べて相互接続し、パネル状にしたもの。太陽電池パネル(photovoltaic panel)、太陽電池モジュール(photovoltaic module)とも。ソーラーパネルはさらに大きな太陽光発電システムの部品として使われ(このため太陽光発電パネルとも)、商用や住宅用に電力を供給する。
1枚のソーラーパネルが発電できる電力は限られており、通常は複数枚並べて設置する。これを太陽電池アレイと呼ぶ。
太陽光発電には、ソーラーパネル群、インバータ、二次電池、それらをつなぐ配線などが必要である。

ウィキペディアより一部参照
ソーラーパネルの働きは、太陽の光を受けて電力を発生させることです。
ソーラーパネルは、より少ない光で、より多くの電力を発生させるほど、性能が良いことになります。
パナソニック製の単結晶系ハイブリッド型、HIT215シリーズは
<世界最高水準のモジュール変換効率>

「HIT太陽電池」は、独自技術「ハイブリッド型単結晶シリコン」により、PN接合面がきれいな界面で形成でき、多結晶や単結晶シリコンに比べ、発電した電子が、欠陥領域を通過する際のロスが少なく、高変換効率を実現します。

1枚あたりの変換効率が高いので、狭小屋根でもより多くの発電が可能。少ない設置面積でもしっかり発電するので、余剰電力固定買取り制度にも適しております。

太陽電池パネル

変換効率(%)=(出力÷面積)X100(%)
という式で表されます。
ここでは、出力はKW(キロワット)を、面積は㎡(平方メートル)を適用します。
したがって、
変換効率(%)=(kw÷㎡)X100(%)
となります。
コラム
太陽光発電の疑問?
太陽光発電あなたが見た損得勘定 – Part 3

たとえば、ソーラーパネルの面積が1㎡で、出力が1kwであれば、
変換効率=(1÷1)X100(%)=100% となります。
つまり、この場合、変換効率は100% となります。

 

カテゴリー: 太陽光発電, 太陽光発電の疑問? パーマリンク