太陽光発電の故障率

太陽光発電のパネルは長寿命で極めて故障率の少ない発電システムです。

 

でも・・・・
形あるものはいつかは壊れ設備はいつかは故障します。
原発が爆発するなど誰が想像しましたか?
2年も経った現在でもよりつけない状況ですね・・・

 

太陽光パネルの表面は、強化ガラスでできており、4cm程度の氷の塊、ひょうが降ってきても、大丈夫と言われています。

 

裏面は、樹脂でおおわれていて傷つきやすいので取り扱いには注意が必要と言われています。
そんなきわめて故障率の少ないのが太陽光パネルです。

 

太陽光発電宇宙

太陽光パネルは、保守や修理が、メンテナンスが困難な場所、人工衛星用の電源とか灯台の電源など用に開発されてものですので、故障率は少ない電源です。

 

人工衛星用には、2010年4月の段階で、160基以上搭載されています。灯台用には1966年に設置された長崎県の尾上島灯台を皮切りに、現在では約2500箇所以上の灯台で設置されるまでに至っています。

 

太陽光発電灯台
太陽光Q&A – Part 2
太陽電池サンテックの倒産に衝撃
太陽光発電の疑問? – Part 2

 

太陽光パネルを構成するシリコンそのものは半永久的に稼働するといわれています。
また太陽光パネルの表面は強化ガラスでカバーされ、腐食することもありません。
可動部分や振動する部分もありませんから、非常に故障率が低いと言えます。
そのため、各メーカーとも期待寿命を20年以上としています。
も太陽光パネル自体は長寿命ですが、太陽光発電はパネルのみで構成されているのはありません。
パネル以外の電源や機器が故障の原因になる場合もありますので定期的は点検をすることが望ましいです。

 

 

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク