カネカ太陽光発電の特徴と口コミ評判・情報

太陽光発電の設置を予定されている方にとっての口コミ情報は大いに役立つ情報ではないでしょうか?

 

メーカーサイドの情報には利点ばかりが目立ちやすい傾向にありますが、口コミには設置されたユーザーの生の声が生かされていますので、良きも悪くも、本当の情報が伝わってくるように感じています。
太陽光発電に限らずいろいろな情報を得るときには口コミは重要な生の情報源になるでしょう。

太陽光発電 口コミ
カネカ太陽光発電の特徴と口コミ評判・情報

カネカが太陽電池の開発をスタートさせたのは1980年。
得意分野である化学反応で作ることができる非結晶系(アモルファス)太陽電池の研究に取り組んだのが始まりです。

 

太陽電池研究の第一人者である大阪大学の濱川圭弘教授との共同研究のもと、変換効率が高い太陽電池を低コストで大量につくるために“結晶の薄膜化”に取り組み、これが現在の「薄膜シリコンハイブリッド」の実現につながっています。
科学メーカーだからこその薄膜シリコン
現在、カネカの太陽電池の主力は「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」。従来からカネカが得意としてきた非結晶系シリコン太陽電池と新開発の薄膜多結晶シリコンを組み合わせ、より広い波長の光を効率よく電気に変換する技術です。

 

 

カネカは1990年からこの研究開発に取り組み2001年に量産化。カネカオリジナルの太陽電池はこうして世に出ることになりました。

歴史のながい太陽光メーカーです。
科学の力を使って他のメーカーよりも一歩先を行く薄膜シリコンは今後の太陽光発電業界を大きく揺さぶるでしょう。
メーカーサイドが提供している情報ですがおおむね口コミ情報と大差ないですね。

見た目がきれい
景観との一体化を実現したカネカの「瓦一体型太陽電池VISOLA(ヴィソラ)」「化粧スレート瓦専用太陽電池SOLTILEX(ソルティレックス)」なら見た目もすっきり。
落ち着いた色調で、住まいの外観を損なうことなく設置できます。
最少2枚から設置可能なので寄棟などの複雑な屋根面にも対応できます。

 

根瓦として使える
屋根材としての基本性能も優れもの。
耐風性や防水性など、屋根瓦そのものの性能を持ちあわせているので、瓦としてお使いいただくことができます。

 

陰の影響を受けにくい
太陽光発電にとって陰は大きな弱点でした。
しかし、カネカの薄膜シリコンハイブリッド太陽電池は陰の影響を受けにくい構造になっているため、たとえば、縦長のセルのうち20%に陰が落ちても、残りの80%は発電し続けられます。


製品そのものがエコ
1軒あたり、スギ約80本分のCO2削減効果。
薄膜シリコンハイブリッド太陽電池を設置した場合、その年間予測発電量は約3,100kWh。国内電力会社のCO2排出量を基準にすると、年間削減量は約80本のスギの木のCO2吸収量に相当します(1,116kg-CO2)。
各社それぞれに特徴がありますが、口コミ等を参考にして多方面から検討することで太陽光発電を生活に生かせてこそ楽しいライフワークとなるのでしょうね。

 

 

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク