太陽光発電の損得勘定は?損かも・・

太陽光発電の損得勘定

を考えてみると、メリットを認めつつも、不安材料があるのも確かですね。
損得勘定だけでは割り切れないものもありますが・・原子力の是非が取りだたされるとき原子力に変わる発電方法を確保しなくてはならないのでしょうが・・

 

太陽光発電の最大のメリットは地球環境に優しいクリーンなエネルギーでしかも余った電気は売電できて家計が助かる(?)〇年後には電気代がタダになる。その損得勘定は上記のとおりなら「+」ですが。。
この文面からはここまでは良いことづくめのようですが。。。。ホントかな~~

15年後20年後・・今設置している設備が何の故障もなく稼働し続けるのか?
大きな台風が来て屋根とも吹っ飛んでしまうことだってあるのではないですか?

太陽光発電 売電 損得勘定

太陽光発電損得勘定?

また隣に大きなマンションが建って日照時間が当初の計算より悪くて、思うような発電ができなかったときの損得勘定は?こういうことだって起こらない保証はない。

 

屋根の上に取り付けた設備はその後メンテナンスの必要がないのでしょうか?
太陽光発電の設備にも増して屋根の具合は?屋根の傷みに雨漏り。。。
これら修理費を含めた損得勘定は?

 

取り越し苦労ならばよいのですが考えればあまりにも不安材料が多すぎるように感じます。
メタンハイドレートなどのように新エネルギーが出てくるかもしれない。
今後のエネルギー事情にも関係してくるのでしょう。

 

個人としてまた中古住宅の屋根に太陽光発電を導入するのにはちょっと不安を抱えているのですが。
ましてや年金生活者に強引に進めるセールスマン・・ちょっと考えてみてはいかがですか?

 

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク