太陽光発電の変換効率って何ですか?

変換効率とは、太陽光発電システムにおいて、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換したときの変換割合のことを指します。

変換効率が高いものほど、より効果的に電気を作ることができるのです。

面積が1cm2の太陽電池(セル)に対して光エネルギーが当たった場合の最大電力が変換効率となる。
変換効率=出力電気エネルギー(W)÷太陽光エネルギー(W)×100
以上の計算式となり、100Wの光エネルギーがあたった場合に、10Wの電力が得られ場合の変換効率は10%となる。

 

太陽光発電 変換効率
太陽電池の変換効率は様々な条件により変動する。

例えばモジュールの温度が上がりすぎた場合は発電効率が低下するなどが代表的。そのため、真夏よりも春先や秋口の方が発電量は大きくなる。
ちょっと意外でしたね~~

世界的に脱原発のムードが高まる中で、そのためにどうしても乗り越えなければならない課題が原発に替わる代替エネルギーです。

 

大きな電力を生み出す火力発電は石油や石炭と行った有限の天然資源を使っているため、当然将来的には枯渇してしまうことが目に見えています。

 

脱原発を実現するためにはクリーンで高効率なエネルギーが必要です。

 

クリーンなエネルギーとして注目されているのが太陽光発電です。
太陽光発電はその名の通り太陽の光をソーラーパネルで受け、それを電気に変えるシステムです。



最近は一般家庭でも屋根にソーラーパネルを設置して太陽光発電する家が増えてきました。

周囲の新築にはほとんどの屋根に太陽光発電装置が取り付けられています。
またまた台風が発生していますが・・・・・台風で壊れるということはないのでしょうか?
ちょっと心配になりますね~~

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク