太陽光発電で注目されるグリーン証書とは?

グリーン電力証書とは、再生可能エネルギーによって得られた電力の環境付加価値を、取引可能な証書にしたもの、またはそれを用いる制度を指す。

再生可能エネルギーに対する助成手法の一つである。 グリーン電力制度、グリーン証書取引制度などとも呼ばれる。

 

再生可能エネルギーによって発電された電力は、「電力そのものとしての価値」に加えて、「(化石燃料などに比較して)排出量の少ない電力であることの価値」、すなわち環境付加価値を有する。

 

グリーン電力証書は、この環境付加価値の分を証書化し、市場で取引可能にしたものである。

 

また、この環境付加価値を有する電力のこと。 グリーン電力と呼ばれるものには、風力発電/太陽光発電/水力発電/バイオマス発電などが存在する (以上ウィキペディアうより引用)   原発問題で将来の電力に対する不安が増しています。

 

現在は原発や火力発電が中心となっていますが、将来的にはもっとクリーンで安全なエネルギーが求められています。

今後期待されているエネルギーの一つが太陽光発電です。 太陽光発電はクリーンかつ最近は一般家庭でも設置する家が増えてきて注目されています。 こういったクリーンなエネルギーを使うにあたってグリーン証書という仕組みがあります。
これは太陽光発電のようなエコ発電を推進する仕組みです。

 

太陽光発電は従来の原子力発電や火力発電と比較すると発電量に対してコストが高く、電力会社としては効率の悪い発電ということになります。 太陽光発電  グリーン電力証書

しかしそのままでは積極的にエコ発電に取り組む電力会社が少なくなるので、 太陽光発電の様なクリーンエネルギーに対しては電気としての価値にエコ価値をプラスし、そのエコ価値に対して対価を支払ってもらい、それがグリーン証書と引き換えます。

 

 

電力会社はそのエコ価値に対する収入で自然エネルギーの施設の充実や技術開発を促進し、将来のエネルギー問題の解決に役立てます。

 

 

グリーン証書を買うのは大きな企業が主で、グリーン証書を買うことでエコに取り組んでいる企業として認められ、イメージアップにつながります。

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク