太陽光発電とリチウムイオン電池

リチウムイオン電池は、今脚光を浴びている再生可能エネルギー「太陽光発電」蓄電のエースとして取りあげようと、研究が進められている。

 

電池には、乾電池などにみられる使い捨ての一次電池と、充電して繰り返し使える二次電池があります。
リチウムイオ電池は、後者の二次電池に属します。

 
電気を通す電解液に、プラスとマイナスの電極を入れ、その間を電子が行き来して電気をつくる仕組みがリチウムイオン電池です。

他の蓄電地にみられるような、自己放電で電池を失うことはなく、住宅の太陽光発電でできるような、微量の電気でも問題なく取り組むことができるのがリチウムイオ電池です。

 

太陽光発電 リチウム電池

原発問題で節電に対する関心が高まっています。
昼間の電力ピーク時には節電をしてくださいと呼びかけられていますが、電気は貯めることができないので夜は節電しても意味がない、とも言われていますが、実際は発電した電気を蓄電するシステムがあります。

 

それがリチウムイオン電池です。
現在リチウムイオン電池は携帯電話やゲーム機、ノートパソコンやデジカメなど最近のデジタル製品にはほとんどリチウムイオン電池が使われています。

 
そんなリチウムイオン電池ですが、こういった用途とは他に大型の物もあります。
そこで太陽光発電で作った電気をリチウムイオン電池に蓄電することで、

 

 

昼間のピーク時の電力供給に利用でき、効率良く電気を使うことができるようになります。
リチウムイオン電池がクリーンな未来の社会を実現してくれそうですね。

 

 

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク