太陽光発電設備の初年度100%償却とは?

太陽光発電設備で条件を満たせば初年度に取得価額の100%償却できるということは、企業にとっては節税になるのではないでしょうか?

 

太陽光発電 償却

沢山の税金を払う代わりに太陽光発電設備に投入してその金額を初年度に100%償却できるということですよね。

 

100%償却できる、つまり経費として計上できるということですよね~~
税制面からの太陽光発電に取り組む企業を援助するということなんでしょうか・・
パナソニック太陽光発電の特徴と口コミ評判
太陽光発電の余剰電力が売電できないことも?
太陽光発電で得た雑収入は課税対象になります

 

詳しいことは専門家でもないのでわかりませんが、初年度に100%償却とはそういうことですよね~~




まあ~下記のような条件はありますが・・・

太陽光発電(10kW以上)・風力発電(1万kW以上)設備で、「固定価格買取制度」の設備認定を受けたものは、初年度即時償却(100%)が可能
【改正概要】の概要は以下の通りです。
○グリーン投資減税の対象設備である、
太陽光発電設備と風力発電設備のうち、平成24年5月29日から平成25年3月31日までの間に設備を取得等し、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23年法律第108号)(以下、「再エネ特措法」という。)

 

第3条第2項(下記参照)に規定する認定発電設備に該当するものに限り、その取得等した日から1年以内に事業の用に供した場合、に、事業の用に供した日を含む事業年度において、取得価格の全額を即時償却(100%を初年度に償却)できるようになります。

 

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク