太陽光発電システムの本当のペイラインはいつ来るのか?

太陽光発電システムのペイラインは?いつになる・・本当にペイできる?
太陽光発電システムには補助金制度等があるとはいえ設置費用は100万円以上の費用がかかることが普通です。

そのため、「最初に払った金額を回収することができるのだろうか?」「回収できるとしても、それはいつ頃になるのだろうか?」という疑問を感じる人たちも少なくないようです。

 

太陽光発電システムのペイラインは、導入後10年~12年くらいの時期に訪れるといわれています。
古希を迎えようとする私と妻の2人暮らしの家屋の屋根に太陽光発電システムを取り付けようとは思いませんが、既に太陽光発電システムを導入した家計でのペイラインはいかがなものでしょうか?

 

太陽光発電 ペイラインは?

あなたのお家のペイラインは?

最初の試算でも10年以上の年月が経たないと何とも言えない状況なのかもしれませんが
よくよくかんがえてみると導入時にメーカーの説明に踊らされたのでは・・?と疑問に感じるという方もいるようです。

 

また当初の計画通りに発電、余剰電力の売電が進むかは不確定な要素も多分にあり一般的に言われる太陽光発電システムのペイラインは希望的な要素も多分に含んでいるようです。

 

一般的には太陽光発電のペイラインは10~12年だと言われていますが、、、果たして・・・10周年後の結果をみてみたいですが、それまで元気でいられるかが問題です~~(笑)

 

太陽光発電システムは、20年以上の長期にわたって使うこともできるシステムですから、順調に使っていればペイラインを迎えることは難しいことではありません。

 

それに、ペイラインを過ぎてからも長く使っていくことができます。長い目で見ると、太陽光発電システムはとても経済的なシステムだといえるでしょう。
と言われていますが果たして結果はいかに・・・?

カテゴリー: 太陽光発電 パーマリンク